スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ドアラ考察からのマスコット考察

練辛子くんに唆されたので、学校で書いたものを思い出して書き起こしました。
特に意味はないです。はい。


ドアラ考察
からのマスコットの存在意義について

中日ドラゴンズのマスコットキャラクター、ドアラが先日、バク宙の成功率の低さから二軍落ちとなった。
(現在は一軍に復帰中)
興味のない人からすればささいなニュースだ。
しかし野球ファンに大きな衝撃を与えたことは中日スポーツの一面を飾ったことからわかってもらえるだろう。
この記事をみてふと疑問に思ったことがある。
ドアラはなぜバク宙といったアクロバットを披露しなければならないのか?
プロ野球のマスコットキャラクターが野球をするならまだしも、なぜアクロバットなのだろうか。

その点について、マスコットキャラクターの存在意義から考えてみようと思う。
マスコットは一言で言ってしまえば、球団・球場においてファンに一番近いパフォーマーである。
もちろん、選手もプロのパフォーマーであるが、試合という真剣勝負の間にファンが求めるサービスができるとは限らない。
そこで、ファンと選手の間にマスコットを作り握手などのファンサービスを選手の代わりに担う。
よってマスコットは見にきているファンを楽しませることが役割で、そのために目立たなければ意味がないのである。
そこで、手っ取り早く目立つ方法としてアクロバットに目を付けたのではないだろうか。
バク転などを決めれば子どもたちからも尊敬され、マスコットにも選手と同じように憧れを抱く様になるだろう。
マスコットによっては、野球を知らない子どもにも受け入れられやすい容貌をしているので、マスコットを入り口にして野球ファンを増やそうという球団の思惑も見えてくる。

しかし、試合相手の球団マスコットとのバク転対決などがイニング間に企画されることもあり、マスコットのアクロバットは珍しくない。
今はアクロバットだけでは目立ちにくい状況にある。
そこで、ドアラの場合は少し挙動の怪しい、キモカワイイという個性を表に出すことで他のマスコットとの差異化を図ったのではないか。
それがファンに受け、インターネットの動画などで人気を爆発させる一因となったのだろう。

そして、個性の必要性はドアラだけではなくマスコット全員に言えることだ。
バク転の出来ないマスコットもいるように、アクロバットのような技術面ではなく、個性的な面をもって観客を魅了することがこれからのマスコットに必要とされるものだと思う。

2011-07-14 : ネタ? : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-10-25 09:49 : : 編集
Pagetop
ホーム  prev »

プロフィール

うえちょ←

Author:うえちょ←
ニコニコ動画様にて、
実況動画をアップしています。
駆け出しです。
生ぬるくやってます。

◆個人的紹介◆
関西在住・声優さん好き・
マンガ好きのただのニコ厨
です\(^o^)/

◆マリカー所属リーグ◆
ブンブンさん・BMリーグ

フレンド登録は色々な方と。

◆麻雀◆
雀荘ブンブンさんに
いくつか出演しました。
大規模視聴者大会には
ゲストという形で参加中。

◆その他◆
何かございましたらコメント等でお知らせください<(_ _)>

ニコニコマイリスト

リンク様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

何かあればこちらからもどうぞ (^◇^)

ついったー

検索フォーム

QRコード

QRコード

アクセス解析

お試し。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。